メンズアパレルメーカー ラグラックス信和




ラグラックス信和について

スタッフ自身の魅力や活力が商品開発の原動力。人が集まり、人が育つ企業をめざします。

ラグラックス信和では商品企画から素材、デザイン、縫製、さらに物流、売場でのディスプレーやセールに至るまでを、トータルなシステムにとして管理することを目指します。
各工程での品質管理を100%自社で行うこと、在庫管理を始めユーザーからの受注、配送をデータベース化すること、デザイナーのファッションコンセプトを売場に反映させること。こうしたトータルシステム化によって、クオリティレベルの均一化を図ることができ、素材、縫製工程、さらには市場の動向を踏まえた上で、商品コンセプトづくり、商品開発が可能になります。

アパレル業界においては、売れ筋の変化に合わせて、適量の商品生産をし、タイミングを逃さずに売場に並べられるQR化が進み、製造・販売が一体となった、より効率のよい物流システムが求められています。ラグラックス信和では、さまざまな情報を本社に集約するキーステーション化を図り、より広範囲・高領域からの情報収集、市場の動向に併せて個別に対応したデータ分析や商品管理を行っています。このようなコンピュータ化された物流システムにより、物流面のスピードアップ、効率アップを図るとともに、多品種小ロットの受注、ジャストインタイムの配送を実現。小売業者の共通の課題と言える少ない在庫による店舗維持を追及してます。現在、電算室、商品検査室、裁断室などを備えた物流センターを拠点に、商品管理と配送機能を集約させた物流システムを構築。今後、より一層、進展する高度情報化時代に向けて積極的に対応しています。